サービス内容
advice

慰謝料減額の交渉を行った事例

依頼者 男性 40代 医師
相手方 男性 40代 会社員

目次

ご相談の経緯

依頼者は,夫がいる女性と性的関係を持ちました。
その結果,女性の夫から慰謝料の請求を受けました。


請求金額は300万円でした。

依頼者は,自身では問題を抱えきれず,当事務所に御相談にお越しになりました。

当事務所の活動

依頼者の代理人に付き,相手方の男性と交渉を行いました。
弁護士が代理人に付いたことで,依頼者は相手方と直接やり取りを行う負担がなくなりました。

結果

交渉により220万円の減額ができ,慰謝料を80万円とすることで相手方と和解することができました。

ポイント

慰謝料の減額については,必ずしも弁護士を付ける必要はありません。
ただし,弁護士は,類似の裁判例を踏まえて交渉を行います。


また,弁護士を代理人にすることで,相手方と直接やり取りを行わなくて良くなるというメリットがあります。

執筆者情報

「ある日突然、法律のトラブルに直面した方の手助けをしたい。」 当事務所ではそのような理念の下で弁護士業務を行っています。 事務所には、弁護士に相談するのが初めてという方が多く来られます。 そのような方々に、法律上できるだけのサポートをさせていただきます。 弁護士として11年目になりますが、その間、離婚問題・男女問題について 数多くの事件を取り扱ってきました。 悩みを一人で抱え込まずに、お気軽に御相談ください。|弁護士紹介はこちら

目次