弁護士費用

法律相談

  • 相談料 30分につき5,500円

※消費税額を含めた価格です。以下同じ。

不貞慰謝料の請求

  • 着手金 請求金額の8.8%
  • 報酬金 獲得金額の17.6%

※着手金に負担がある方は、お気軽にご相談ください。着手金を減らして報酬金を多くいただく方法もあります。

不貞慰謝料の減額(交渉・訴訟)

  • 着手金 11万円

    【訴訟に移行した場合】追加着手金19.8万円

  • 報酬金 減額金額の17.6%

離婚協議書の作成

  • 離婚協議書の作成手数料 11万円
  • (公正証書による場合) +5万5000円

離婚協議・離婚調停・離婚訴訟の代理

着手金(依頼時に必要な弁護士費用)

  • 離婚協議の着手金 22万円
  • 離婚調停の着手金 33万円
  • 離婚訴訟の着手金 44万円

成功報酬(事件が解決した時に必要な弁護士費用)

  • 離婚協議の成功報酬 33万円
  • 離婚調停の成功報酬 44万円
  • 離婚訴訟の成功報酬 55万円

追加報酬 経済的利益の13.2%
(財産分与・慰謝料などの金銭を受け取ったとき)

よくあるご質問

上に記載がないケースの弁護士費用はどのようになりますか?

当事務所では、上記以外の事件も対応可能です。
たとえば、
・子の監護者指定の審判申立て
・婚約破棄
など、様々なご相談をお受けしています。
弁護士費用については電話でお問合せいただくこともできますが、法律相談にお越しになった際に確認いただくのが確実です。

事件で必要な切手や収入印紙は、弁護士費用に含まれますか?

実費(切手や収入印紙、出張のための電車代等)については、弁護士費用には含まれず別途ご負担いただきます。
ご依頼の時にお預けいただく場合や、解決時にお支払いいただく場合などがあります。

弁護士費用の分割払いは可能ですか?

基本的に一括払いにてお願いしています。
ただし、配偶者が家計を握っており自由に使えるお金がない場合など、ご相談いただければ対応できる場合がございます。

「経済的利益」とありますが、どのような意味ですか?

「経済的利益」とは、相手方から獲得ができた金銭・預貯金・不動産など財産のことです。
反対に、金銭等を請求されている方は、当初の請求よりも減額することができた金額が「経済的利益」となります。