サービス内容
advice

離婚を検討されている方へ

■はじめに

当事務所には、離婚を検討中の方が多くご相談にいらっしゃいます。

入籍して間もない方もいれば、長い間結婚生活を続けてこられた方、配偶者の浮気が判明したことをきっかけに離婚を決断された方など、状況や理由は様々です。

このページでは、離婚をする際に弁護士への相談が必要なケースなどを解説をします。
まだ離婚の意思は決まっていないけれど、漠然と離婚を考えているという方も参考になさってください。

■弁護士への相談が必要なケース

離婚問題と言っても、手続きをするにあたって必ず弁護士が必要になる訳ではありません。
では、どのような場合に弁護士への相談が必要になるのでしょうか?

まず、相手との関係が悪くまともに話し合いができない場合や、相手方が離婚に応じない場合は離婚調停が必要となる可能性があります。
法律上、弁護士の介入は必須ではありませんが、申し立てに際して法律的な手続きを踏むことになるため、弁護士に相談をした方がスムーズに事が運ぶでしょう。

近年はインターネットを駆使して離婚調停をはじめとした離婚に関する情報を手軽に集められるようになりましたが、インターネットの情報だけでは不十分なことも多いです。

弁護士が間に入ることで、法律的なアドバイスだけではなく精神的な負担を減らせるというメリットもありますので、一度は法律事務所に相談されることをおすすめします。

別のケースで、離婚に向けて配偶者と話し合うことができている方からは、養育費の金額や財産分与の方法など、専門的なアドバイスを求めて相談に来られることが多いです。
この場合も、離婚条件の取りまとめからサポートをすることも可能ですし、既にまとまっている離婚条件を元に離婚協議書を作成することもできますので、弁護士への相談は有意義でしょう。

■一人で悩みを抱えているケース

上記の内容は離婚について具体性を帯びていて、弁護士によるサポートの必要性が高く、実際にご相談をいただくことが多いケースです。
他にも、離婚の意思は明確ではなくても、配偶者に不満があったり、結婚生活に不安を抱えている場合に相談にお越しになる方も多くいらっしゃいます。

弁護士には守秘義務があるため情報漏洩の心配がなく、差し当たっての悩みを相談しやすい点がメリットでしょう。

ご夫婦間の問題はご両親やご友人には相談しづらく、一人で悩みを抱えている方も少なくないとお察しします。
当事務所では、離婚に向けて具体的に話を進めたい方だけではなく、漠然と離婚を考えている方からのご相談など、離婚全般についてご相談を承っております。
まずはお気軽に、ご相談ください。