同居中で離婚を検討している方

「夫と同居していますが,離婚はできますか?」

「離婚するためには,別居が必要ですか…」

 

配偶者と同居中の方から,このような御相談をお受けすることがあります。

 

同居していても夫婦の喧嘩が絶えない,あるいは家庭内別居の状態にあるということは良くあります。離婚を考えていても長年住んでいた家を離れられない熟年夫婦のケース,お子様が小さかったり,引っ越し費用がなかったりという理由で別居ができない若年カップルのケースもあります。職場の関係で簡単には引っ越しができない場合もあるでしょう。

 

同居をしている場合の離婚相談

では,そのように同居の状態で,離婚をすることはできるのでしょうか。

 

テレビ,雑誌等で,3年は別居していないと離婚をすることができないということをお聞きになったこともあるかと思います。これは,裁判になった場合に,別居期間が3年ほどあれば,夫婦の関係が事実上破綻状態にあると判断され,離婚が認められる方向に働くという趣旨であると思われます。

 

たしかに,夫婦が別居状態にあることは,その関係が破綻していることを推測させる事情です。しかし,夫婦の関係が破綻状態にあるかどうかは,別居期間のみで判断される訳ではありません。また,協議離婚や調停離婚の場面では,お互いの合意によって離婚が成立します。

 

このため,同居のまま離婚協議を行ったり,同居のまま離婚調停を行うことも少なくありません。そして,協議や調停を続けていくうちに夫婦関係が修復困難であることが明らかになり,離婚の方向に話が進んでいくこともよく見られます。

 

別居を検討している場合の注意点

現在は配偶者と同居しているが,我慢が出来ず別居を検討している方もいらっしゃるでしょう。

 

既に別居を決めている場合,何か気をつけることはあるでしょうか。

 

別居後は,相手方配偶者の行動が分からなくなり,浮気の証拠が集まりづらくなります。また,DV等で身の危険が切迫している場合は別として,そこまでに至っていない場合は診断書等の証拠を確保しておいた方が良いでしょう。このように,離婚のための証拠を同居中に確保しておくことが大切です。

 

また,別居後は,相手方配偶者の財産状況も把握しづらくなります。このため,財産分与等で有利に話を進めるためにも,夫婦の財産状況をきちんと把握した上で別居した方が望ましいと言えます。

 

また,専業主婦であったり,自分の収入が低い場合には,別居後の生活費をどう捻出するかという問題もあります。この場合に,相手方配偶者に対して婚姻費用(生活費)の請求をするかということも検討しなければなりません。

婚姻費用について詳しくはこちら>>

 

当事務所では,現在同居している方からの離婚相談を数多くお受けしています。まだ別居を考えていない場合,既に別居を決意している場合も,解決のためにより良いアドバイスをさせていただきます。どうぞお気軽に御相談ください。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付