妻から離婚調停を申し立てられた事例

■依頼者の状況

依頼者 夫 30代 公務員
相手方 妻 30代 公務員
子   1人
状 況 別居中
内 容 離婚調停


■ご相談の経緯

今回ご紹介するケースは、ご主人からご依頼を受けたケースです。

結婚して数年のご夫婦は、性格の不一致が原因で既に別居中でした。
奥様が弁護士に依頼をして、ご主人は離婚調停を申し立てられてしまいました。

ご主人は穏やかな優しい性格で、気が弱い面もあったため、自分一人で対応することが心配と考え、当事務所に相談に来られました。


■当事務所の活動

ご主人の代理人として、離婚調停の対応にあたりました。

調停に同行し、話すことの苦手なご主人に代わり、ご主人側の言い分の主張をしました。
調停以外の場においても、奥様側との窓口になりました。

当事務所が代理人として対応することで、ご主人の精神的負担は相当軽減されました。


■結果

最終的に調停離婚が成立しました。

法律的に妥当な内容での解決となり、ご主人の権利・利益を守ることができました。


■ポイント

今回のケースに関連して、ポイントをいくつか解説します。

◇離婚自体に争いがないケース

離婚自体に争いがなかったとしても、財産分与や養育費、慰謝料などで争いになる場合があります。

今回のケースのご夫婦も離婚自体について争いはありませんでしたが、養育費や財産分与で争いがありました。
このような場合にはまず話し合いを行い、話し合いで解決できない場合は調停を行う必要があります。


◇自分一人で進めるのが心配な方

今回の依頼者のように、気が弱く話すのが苦手なタイプの方がいますが、そのような方は相手や、相手側の弁護士に言いくるめられてしまうことが少なくありません。

そのような場合には、自分の気持ちを代弁したり、権利を守るためも弁護士に依頼して、代理人になってもらうのが良いでしょう。


武田法律事務所は、個人の方の離婚問題・男女問題を数多く手掛けております。法律事務所が初めてという方、相談だけしてみたいという方も数多くお越しになります。

問題に直面していてどうして良いか分からない、心配であるという方も、それぞれの方の事情に応じて親身にご相談に応じさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

執筆者情報

「ある日突然、法律のトラブルに直面した方の手助けをしたい。」 当事務所ではそのような理念の下で弁護士業務を行っています。 事務所には、弁護士に相談するのが初めてという方が多く来られます。 そのような方々に、法律上できるだけのサポートをさせていただきます。 弁護士として11年目になりますが、その間、離婚問題・男女問題について 数多くの事件を取り扱ってきました。 悩みを一人で抱え込まずに、お気軽に御相談ください。|弁護士紹介はこちら

目次
閉じる