妻に浮気がばれて調停を申し立てられた事例

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約2分33秒です。
依頼者 男性 20代 会社員

相手方 女性 20代 専業主婦

 

今回ご紹介するケースは、夫が浮気をしてしまい、妻から離婚調停を申し立てられたケースです。

 

奥様の側には弁護士が代理人についており、依頼者の男性は調停において婚姻費用の請求や慰謝料の請求を受けていました。

 

この男性は、自分が浮気をしておりその点はたしかに責められるべきですが、調停でも相手方や調停委員から強く非難され精神的に参っていました。

 

そして、自分ではどうすることもできなくなり、当事務所にご相談にお越しになりました。

 

お話をお聞きしたところ、本件では婚姻費用の金額と慰謝料の金額が問題になっていました。

しかし、ご夫婦の間にお子様はいらっしゃらず、婚姻費用については離婚が成立するまでの支払いとなりますので、実質的には慰謝料の金額が争点でした。

 

争点としてはそこまで複雑ではありません。

 

しかし、依頼者はまだ年齢も若く、貯蓄や会社の給料もそこまで高くなかったために、慰謝料を一括して支払うことが難しい状況でした。

このため、話し合いはスムーズに進まず、何度も調停が繰り返されていました。

 

当事務所にご依頼があるまでも半年以上調停が続いていましたが、依頼後も、半年ほどの期間がかかりました。

しかし、慰謝料の支払いを将来のボーナスを充てて支払うという形(長期の分割払い)で話がまとまり、最終的に調停で離婚が成立しました。

 

本件で問題となったのはほとんど慰謝料のみで、争点としては単純なものでした。

 

しかし、配偶者の一方が浮気をしてしまったことで、単純なお金の問題にはとどまらず、婚姻関係をどう解決するかという、いわば感情的な部分が問題となっていました。

そのような状況で、浮気をした側であるご主人の方も精神的につらい状況になっていました。

 

弁護士に調停を依頼するメリットとして、このように精神的につらい状況において、第三者のサポートを受けつつ調停に対応し、解決を目指していけることが挙げられます。

 

調停以外の場面ではご家族やご友人に相談をすることもできます。しかし、調停期日においては本人以外は同席ができず、弁護士のみが代理人として同席することができます。

 

自分一人で調停委員と話していくことは、人によっては相当なストレスを感じます。

そのような場面で自分の味方となる専門家が同席するだけで、精神的にはずっと楽になります。

 

本件の依頼者は、当事務所にご相談になった時点で精神的に限界に近いような状態でした。なんとか調停を進め、解決までこぎつけることができました。

 

同じように協議や調停でつらい状況に陥っている方がみえれば、一度弁護士にご相談することもご検討いただければと思います。

 

武田法律事務所は、個人の方の離婚問題・男女問題を数多く手掛けております。法律事務所が初めてという方、相談だけしてみたいという方も数多くお越しになります。

 

問題に直面していてどうして良いか分からない、心配であるという方も、それぞれの方の事情に応じて親身にご相談に応じさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付