妻の交際相手に対する慰謝料請求事例

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約2分33秒です。
依頼者 男性 50代 会社員

相手方 男性 40代 会社員

 

今回ご紹介するケースは、妻の浮気相手の男性に対する慰謝料請求です。

 

奥様の浮気が発覚し、そのことが原因でご夫婦は離婚に至りました。

ご主人は奥様の浮気相手に対して、慰謝料を請求したいと考えました。

 

相手方の男性の名前や住所などは分かっていましたが、ご本人は自分でその男性に連絡を取ったり、会ったりすることが感情的にもできない心境でした。

そのため、ご主人は当事務所に相手方男性に対する慰謝料請求を依頼することにしました。

 

当事務所は、ご本人を代理して相手方男性に対して慰謝料の請求を行いました。

まずは、内容証明を送り、その後相手方男性から連絡がありましたので、直接お会いして慰謝料を払ってもらうよう交渉を行いました。

その結果、200万円を超える金額で合意をすることができました。

 

本件については、依頼者がそもそも相手方と会ったり話したりすることをしたくないと考えていましたので、必然的に弁護士に依頼することになりました。

 

弁護士に依頼するメリットとしては、おおむね次の点が挙げられます。

まず、今回のケースでは夫婦関係が不貞によって破綻しているので、慰謝料の金額はある程度高額になります。

個人同士で100万円だったり200万円だったりといった高額なお金のやり取りすることはなかなか難しく、弁護士を介してやり取りをすることが良いでしょう。

 

また、配偶者の不貞行為によって婚姻関係が破綻している場合には、相手方との関係は感情的に鋭く対立しますので、直接話した場合に言い争いになったり、最悪の場合には暴力沙汰になるなど何があるか分からないという心配があります。

この点で利害関係の希薄な第三者に依頼した場合が良いということがあります。

 

また、慰謝料の支払いに話し合いがつかない場合には、裁判をすることになります。

裁判については、弁護士をつけない本人訴訟の場合もなくはないが、基本的には弁護士に依頼して裁判を進めることが通常です。

このため、当初の話し合いの段階から弁護士が関与している方が、スムーズに訴訟に移行できますので、そういう意味でも弁護士への依頼のメリットがあります。

 

もっとも、弁護士に依頼した場合には弁護士費用がかかります。

弁護士費用は、通常の場合にはそれぞれの当事者が負担し、相手方には請求しませんので、相手から受け取る金額の大小に一番の重きを置く場合には、弁護士に依頼をせずに本人で相手方と話して慰謝料の請求を行うことが考えられます。

 

一方、金額は大切だけれども、金額が最重要ではなく、相手方のせいで離婚に至った責任をきちんと果たしてもらいたいと考え、適正な手続で問題を解決したいと考えるのであれば、代理人に慰謝料の請求を依頼することも良いのではないかと思われます。

 

武田法律事務所は、個人の方の離婚問題・男女問題を数多く手掛けております。法律事務所が初めてという方、相談だけしてみたいという方も数多くお越しになります。

 

問題に直面していてどうして良いか分からない、心配であるという方も、それぞれの方の事情に応じて親身にご相談に応じさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付