自分一人で協議・調停を進めるのが心配な方へ

タグ:, , ,

 

当事務所には離婚の相談が多く寄せられています。

 

その中でも多いのが、相手方から離婚調停を申し立てられて自分一人で進めるのが心配であるというご相談です。

 

また、調停にはなっていないけれども、相手方に弁護士が付いて離婚を請求されているというケースもあります。

 

反対に、自分の方が離婚を希望している場合もあります。

ただ、自分一人で離婚の希望を伝えたり、調停を進めることに不安があるという方もいらっしゃいます。

 

調停は、基本的に本人だけでも進めることができる手続です。

このため、必ずしも弁護士に依頼して事件を進める必要はありません。

 

また、相手方に弁護士が付いたからといって、必ずしも自分の方も弁護士が必要というわけではありません。

相手方の弁護士と話し合いを行い、自分の主張をして最終的に解決することもありえます。

 

ただ、多くの方にとって弁護士を相手に話すことは初めてだと思いますし、調停などで裁判所に行くことも初めての経験であると思われます。

 

このため、緊張してしまって思うように自分の考えを上手く伝えることができないことも十分ありえます。

その結果、不本意な形で協議が進んでしまったり、調停が進んでしまうこともあります。

 

その他にも、自分一人で進めることが精神的に負担になって、心配で夜が寝られなかったり、仕事が手につかないということも本当によく耳にします。

 

協議については、弁護士に依頼した場合には基本的に弁護士が窓口になります。

しかし、調停の場合には身分関係であることもあり、弁護士だけでは進めることができず、依頼者本人も裁判所に行って調停の手続をすることが必要になります。

ただ、調停を弁護士に依頼している場合には、弁護士は依頼者の隣に座り発言し、また依頼者が発言している時にはそれを手助けすることもできます。

 

このため弁護士に依頼しないよりも、依頼した方が自分にとって有利であることは間違いありません。

 

しかし、一方で弁護士に依頼した場合には弁護士費用がかかります。

弁護士費用はある程度の金額になりますので、弁護士費用を加味した場合にトータルとして依頼をしない方が金銭的に得であることもままあります。

 

他方で金銭的なところはあまり重視をせずに、調停や協議などで自分にかかる負担を少しでも軽減し、弁護士の全面的なサポートを受けられるという精神的な安心を重視して弁護士に依頼される方も多くいらっしゃいます。

 

自分一人で進めるのが心配な方や、調停が心配な方は弁護士への依頼も検討されるのも良いでしょう。

 

武田法律事務所は、個人の方の離婚問題・男女問題を数多く手掛けております。法律事務所が初めてという方、相談だけしてみたいという方も数多くお越しになります。

問題に直面していてどうして良いか分からない、心配であるという方も、それぞれの方の事情に応じて親身にご相談に応じさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付