慰謝料の減額交渉を行い140万円減額した金額で和解した事例

依頼者 女性 20代 会社員

相手方 女性 30代 交際相手の妻

目次

ご相談の経緯

依頼者の女性は,妻がいる男性と交際をしていました。

それが男性の妻に分かってしまいました。

男性の妻は弁護士を立て,依頼者に対して,慰謝料の請求をしてきました。

 

依頼者にとって,弁護士から請求を受けることは,大変気が重いことでした。

また,請求金額も多額で,依頼者は精神的に参ってしまいました。

そのような状況で,依頼者は当事務所に御相談にお越しになりました。

 

当事務所の活動

依頼者から代理人として交渉の依頼を受けました。

その結果,依頼者は,相手方と交渉をする必要がなくなり,精神的にようやく安定することができました。

 

結果

交渉により,慰謝料の金額を140万円減額することができました。

示談書を作成し,その後さらに請求を受けることもなくなりました。

 

ポイント

本件については,依頼者の年齢や性格からいって,自分で話を進めることは困難でした。

早期に弁護士に相談することで,交渉の負担から解放されました。

また,請求金額についても,相当程度減額をすることができました。

 

執筆者情報

「ある日突然、法律のトラブルに直面した方の手助けをしたい。」 当事務所ではそのような理念の下で弁護士業務を行っています。 事務所には、弁護士に相談するのが初めてという方が多く来られます。 そのような方々に、法律上できるだけのサポートをさせていただきます。 弁護士として11年目になりますが、その間、離婚問題・男女問題について 数多くの事件を取り扱ってきました。 悩みを一人で抱え込まずに、お気軽に御相談ください。|弁護士紹介はこちら

目次
閉じる