育児でつらい状況にあった依頼者に対して,離婚のサポートを行った事例

タグ:

依頼者 女性 30代 専業主婦

相手方 男性 30代 会社員

子ども あり

 

ご相談の経緯

依頼者は専業主婦で,乳幼児のお子様がいました。奥様は,子育てで精神的にとても参っていました。

ところが,御主人は育児に協力的でなく,日常的に口げんかが絶えませんでした。奥様は次第にストレスを抱え,最終的に離婚を決意しました。

そのような状況で,奥様は当事務所に相談にお越しになりました。

 

当事務所の活動

依頼者とよく相談をして,ひとまず実家に戻ることが良いということになりました。お子様が小さかったため,実家の助けを借りて精神的な安定を取り戻すことが最優先であると考えたからです。

依頼者が実家に戻りひとまず落ち着いた後に,婚姻費用の調停を申立てをしました。

依頼者は育児のため満足に働くこともできなかったからです。実家の御両親も経済的に余裕がありませんでした。

 

結果

婚姻費用の調停が成立し,御主人から毎月婚姻費用が支払われるようになりました。

経済的な不安も減ったことで,依頼者は精神的にも安定してきました。

このような状態で,その後,落ち着いて離婚の話し合いを進めることができました。

 

ポイント

依頼者の奥様は,当初育児や家庭内でのストレスを抱え,精神的に大変辛い状況でした。弁護士に相談をすることで,何をどのようにしたら良いかということが明確になり,しだいに精神的な安定を取り戻すことができました。

そのように落ち着いた状況で,離婚についての話を進めることが依頼者にとって大切なケースでした。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付