財産が少ない浮気相手と交渉し、分割支払いに応じてもらうことができた事例

タグ:, , ,

 

依頼者 女性 20代 アルバイト

相手方 女性 20代 アルバイト

子ども 1人

 

ご相談の経緯

依頼者様は,御主人の浮気の証拠を見つけました。それがきっかけで別居をしたものの,その後,どのようにしたら良いか悩んでいました。悩んだ末,御主人の浮気相手の女性に対して、慰謝料の請求を行いたいと考え,当事務所にお越しになりました。

 

当事務所の活動

相手方の女性に対して,内容証明郵便を送付し,慰謝料100万円を支払うよう請求をしました。ところが,相手方の女性は,ほとんど預金を持っておらず,一括での支払いが出来ない状態でした。このため,さらに話し合いや交渉を続け,最終的に,分割で慰謝料を支払ってもらうこと解決ができました。この際,後日争いになることを避けるため,当事者間で示談書を作成することにしました。

 

結果

不貞行為による慰謝料として,100万円の分割支払に応じてもらうことができました。また,今後は御主人と連絡を取り合わないことなどを決めた示談書を作成しました。

 

ポイント

本件は,相手方に十分な財産がなく,慰謝料について,一括での支払いが困難なケースでした。しかし,依頼者の浮気相手に対する怒りの感情が強く,訴訟等に発展する可能性もありました。本件では,相手方に対してそのことも説明し,粘り強く交渉を行いました。最終的に,相手方の女性も分割での支払いで納得されました。

一般的に,相手方に十分な財産がない場合には,依頼者が泣き寝入りとなる場合も少なくありません。その中で,丁寧に交渉を行い,少しでも依頼者の利益になるように活動をしました。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付