不倫の慰謝料請求において、浮気相手である男性と交渉し、250万円ほどを得られた事例

タグ:,

 

依頼者 男性 40代 会社員

相手方 男性 30代 会社員

子ども なし

 

ご相談の経緯

依頼者様が,普段から奥様の浮気を疑っていました。ある時,決定的な証拠を掴み,浮気の事実を確信しました。そのことがきっかけで,夫婦関係は破綻し,離婚となってしましました。依頼者様は,浮気相手の男性のことが許せず,慰謝料を請求したいと考えました。しかし,実際にどのように話を進めたら良いか分からず,当事務所にお越しになりました。

 

当事務所の活動

法律相談を行い,依頼者様から,不倫を疑うに至った経緯,不倫の期間や態様,相手方の情報等,詳細な事実確認を行いました。また,依頼者様がお持ちになった証拠についてもよく吟味を行いました。

その結果,相手方男性に対して慰謝料の請求が可能であると判断されましたので,事件を受任することといたしました。

 

結果

相手方男性と交渉を行い,最終的に250万円ほどの慰謝料を支払ってもらうことで決着しました。依頼者が相談に来られてから、1ヶ月半ほどで金銭を支払ってもらうことができ、早期に解決をすることができました。

 

ポイント

本件は,奥様の不倫が原因で夫婦関係が破綻してしまいました。このため,慰謝料としては,ある程度高額な金額を請求することとしました。請求額が大きかったため、交渉も難航しましたが,粘り強く交渉を続け,最終的な解決に至りました。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付