自宅の財産分与が問題になった離婚協議で、弁護士として法的支援を行った事例

 

依頼者 女性 30代 スポーツインストラクター

相手方 男性 30代 会社員

子ども なし

 

目次

ご相談の経緯

依頼者様は,御主人との間で,深刻な性格の不一致を感じており,夫婦関係に悩んでいました。最終的に離婚を決意しましたが,どのように話を進めて良いか分からず,当事務所にお越しになりました。

 

当事務所の活動

依頼者様は,当初,御主人に対して離婚を切り出した時の反応について気に掛けておいででした。しかし,弁護士から夫婦間の詳しい事情をお聞きすると,今回のケースは,むしろ自宅建物の財産分与が問題となることが分かりました。

また,法律相談を行う中で,今回のケースは,弁護士が間に立って交渉をするよりも,依頼者様自身で話を進めた方が良いと判断されました。このため,スムーズに離婚協議を行うためには,そのような進め方が望ましいというアドバイスをさせていただきました。

もっとも,依頼者様にとって離婚は初めての経験で大きな不安がありました。また,このケースは,自宅建物の財産分与が問題になっており,最終的には弁護士によるサポートが必要でした。このため,離婚協議自体は依頼者様が進めるものの,適宜,当事務所でバックアップをしていくという形で支援をさせていただくことになりました。

 

結果

御主人との間で,離婚や財産分与に関する話し合いが上手く進み、最終的に離婚が成立しました。建物は依頼者様が受け取る解決となり、財産分与の問題も解消されました。

最後に,当事務所において,離婚や財産分与に関する離婚協議書を作成しました。

 

ポイント

バックアッププランでの法的支援を上手く御利用いただきました。依頼者様が困った時,その都度,弁護士が相談に乗りました。これにより,離婚協議をスムーズに進めることができました。

また、自宅建物の財産分与については,離婚協議書の作成を御依頼いただき,法律的に間違いのない離婚協議書を作成することができました。

執筆者情報

「ある日突然、法律のトラブルに直面した方の手助けをしたい。」 当事務所ではそのような理念の下で弁護士業務を行っています。 事務所には、弁護士に相談するのが初めてという方が多く来られます。 そのような方々に、法律上できるだけのサポートをさせていただきます。 弁護士として11年目になりますが、その間、離婚問題・男女問題について 数多くの事件を取り扱ってきました。 悩みを一人で抱え込まずに、お気軽に御相談ください。|弁護士紹介はこちら

目次
閉じる