財産分与について

離婚時に解決しなければならない問題として,財産分与の問題があります。財産分与は,夫婦が婚姻期間に築いてきた財産を,それぞれに分割するという意味があります。しかし,離婚時には,感情的な問題や,やらなければならないことが沢山あります。このため,財産分与について十分な話し合いをせずに離婚をしてしまうことも少なくありません。

 

将来的な紛争を避けるためにも,経済面での精算についてもきちんと行っておくことが重要です。

 

財産分与請求権とは,離婚した者の一方が,他方に対して,財産の分与を求める権利です。扶養料や慰謝料としての側面もありますが,代表的なものは,夫婦が婚姻中に協力して貯蓄した財産の清算という側面です。

 

夫婦間の清算割合について

清算的な意味の財産分与については,財産をどのような割合で分与するかということが問題となります。この分与の割合については,財産形成,維持への寄与度によって決するというのが実務です。現在では,妻が専業主婦であるか否かを問わず原則として平等とすることが確立したとの指摘も見られます。

 

財産分与の対象となる財産

1,共有財産

共有財産とは,名実ともに夫婦の共有に属する財産です。共有名義のマイホームが代表例です。また,夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は共有財産と推定されます。このため,タンス貯金や結婚後に購入した家財道具などは,共有財産として扱われることが多くなります。

 

2,実質的共有財産

実質的共有財産とは,名義は一方に属するものの,夫婦が協力して得た財産のことを言います。預貯金、株、自動車などは,通常,夫婦の一方の名義です。しかし,結婚の間に夫婦が協力して築いた財産と評価できれば,実質的共有財産として,財産分与の対象になります。

 

財産分与の対象とならない財産

特有財産

特有財産とは,名実ともに一方が所有する財産です。これについては,原則として財産分与の対象になりません。結婚前に貯めた預貯金や相続で取得した財産が代表例です。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付