サービス内容
advice

慰謝料について

慰謝料とは,民法709条に基づく損害賠償請求になります。配偶者の不貞行為や暴行がある場合が主な例です。

法律的な構成としては,(1)個別の行為を理由とする構成,(2)離婚を余儀なくされたことを理由とする構成の2通りがあります。しかし,実際には,(1)の個別的な行為は,(2)に吸収されてしまうことが多いため,訴訟では,離婚を余儀なくされたことを理由とする構成を取ることがほとんどです。

慰謝料請求をする場合の注意点ですが,慰謝料は民法709条の不法行為に基づく請求だということです。つまり,慰謝料が認められるためには,相手の行為が違法であることが必要になります。そのため,精神的に苦痛を感じており,辛い思いをしていても,相手の行為が違法でなければ慰謝料を請求することは出来ません。

相手の行為が違法と言える場合の代表例は,浮気や暴力です。他方,性格の不一致や価値観の違いは,違法行為ではなく,慰謝料が請求できない場合がほとんどです。

慰謝料の金額について

慰謝料の額は,次のような要素で増減すると言われています。

・有責性が高いほど,金額が高くなる

・精神的苦痛や肉体的苦痛が激しいほど,金額が高くなる

・婚姻期間が長く年齢が高いほど,金額が高くなる

・未成年の子がいる方が,いない場合より高くなる傾向がある

・支払う側の資力が高く,社会的地位が高いほど高くなる傾向がある

・請求する側の資力が低い方が高くなる傾向がある

具体的な金額としては,200万円から300万円のケースが多く,1000万円を超える高額な慰謝料が成立したケースはほとんど見受けられません。裁判前の交渉においても、具体的な事案に即して,話し合いを進めていくことが大切です。