国際離婚

「アメリカ国籍の夫と離婚をしたい…」

「夫婦とも日本人であるが,二人とも外国に住んでいる」

「夫婦ともに外国籍であり,離婚を考えている…」

 

国際結婚については,日本人同士の結婚に比べ,法的に検討しなければならない様々な問題があります。また,日本人同士の結婚であっても,夫婦の一方ないし双方が外国に居住している場合もあります。

 

弁護士に相談があるのは,結婚の場合よりもむしろ,離婚を考えている場合です。国際結婚についての離婚は,渉外離婚と呼ばれることがあります。渉外離婚では,国際裁判管轄の問題,準拠法の問題,調停や判決の承認の問題など,様々な問題が生じます。

 

国際裁判管轄とは,そもそも日本の裁判所で離婚を扱うことができるかという問題です。日本に国際裁判管轄がなければ,日本の裁判所で離婚の問題を解決することができません。

 

準拠法とは,夫婦の離婚について,どこの国の法律が適用されるかという問題です。日本法が準拠法である場合には,民法の規定によって離婚の可否が判断されることになります。また,日本法によって,協議離婚をすることもできます。ただし,日本以外で協議離婚を認めている国は少なく,本国法において協議離婚を認めているかどうかという点も確認することが必要になります。

 

準拠法が外国法である場合には,まずその外国法の内容を確認する必要があります。そもそも離婚自体を禁止していないか,協議離婚を禁止していないか,協議離婚はダメでも裁判離婚はどうか等,様々なケースがあります。

 

また,離婚の問題だけではなく,財産分与の問題,子どもの親権や養育費の問題,子どもの連れ去りの問題等,様々な問題が生じ得ます。国際結婚についてお悩みの方は,当事務所に御相談ください。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付