親権について

親権者の指定

父母が離婚をする場合,どちらか一方の単独親権になります。このため,未成年の子がいる場合,離婚をするためには,夫婦の一方を親権者として指定することが必要になります。

 

夫婦間で離婚の合意ができていても,親権者指定の合意が出来ていない場合は,協議離婚の届出ができません。協議によって親権者を指定することが出来ない場合には,離婚調停の申立とあわせて,親権者指定の申立てをすることになります。裁判離婚になり離婚の判決がなされる場合には,裁判所はあわせて親権者の指定も行います。

 

調停・審判・裁判における親権者指定は,夫婦どちらの親権に服することが「子の利益」に資するかという観点から判断されます。判断要素として,例えば,次のような要素が考えられます。重要なのは,いずれが子どもの利益に資するかということで,財産分与等の離婚条件の取引に親権が利用されるべきではありません。

 

①親側の要素

・監護体制の優劣(経済面,居住環境,教育環境など)

・子に対する愛情や監護の意思

・心身が健全であるか

 

②子側の要素

・子どもの年齢,心身の状況

・環境の継続性

・子の意思

 

離婚後の子どもとの関係・間柄

離婚後は,夫婦の共同親権とすることはできません。必ず夫婦の一方が親権者となります。また、子が数人いる場合は、それぞれの子について親権を決めなければなりません。 その際、夫と妻とに分けることもできます。

 

親権者の記入には細心の注意が必要です。とりあえずどちらかを親権者として記入しておいて、離婚が成立してからあらためて話し合おうと思っても、親権者は離婚届に記載した通りに戸籍に記入されてしまいます。

 

後で変更するつもりであったとしても、親権者の変更は家庭裁判所の審判が必要です。簡単に変更できるものではありません。

 

親権には,未成年者の身上を監護することと,財産を管理するという二つの要素があります。「親権」という言葉からは,親の権利と理解されがちですが,最近ではむしろ親の義務として捉える考え方がされるようになってきました。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付