年金分割

熟年離婚の場合,年金分割が問題となることが少なくありません。年金分割という言葉を耳にされたことがあるかと思います。しかし,その制度は複雑です。

 

公的年金には,国民年金と厚生年金があります。年金分割は,厚生年金に関する制度になります。年金分割により,夫婦の婚姻期間中の厚生年金を分割して,それぞれ自分の年金とすることができます。

 

分割方法には,2種類があります。「合意分割」と呼ばれるものと,「3号分割」と呼ばれるものです。

 

合意分割について

合意分割の制度は,次の条件をすべて満たしている場合に,二人からの請求により厚生年金の保険料納付記録を分割できる制度です。この制度により分割される記録は,婚姻期間中の保険料納付記録に限られます。

 

・平成19年4月1日以後に離婚している(または事実婚関係を解消している)

・合意や裁判手続により年金分割の割合を定めている

・請求期限(離婚をした日の翌日から2年)を経過していない

 

3号分割について

3号分割の制度は,次の条件をすべて満たしている場合に,国民年金第3号被保険者(厚生年金保険の被保険者,共済組合の組合員の被扶養配偶者で,20歳以上60歳未満の者)であった者からの請求により,相手方の保険料納付記録を2分の1ずつ分割できる制度です。この制度により分割される記録は,平成20年4月1日以後の国民年金第3号被保険者記録中の記録に限られます。

 

・平成20年5月1日以後に離婚をしている(または事実婚関係を解消している)

・平成20年4月1日以後に,一方に国民年金の第3号被保険者期間がある

・請求期限(離婚をした日の翌日から2年)を経過していない

 

年金分割の流れ

年金分割のためには,まず,日本年金機構から「年金分割のための情報通知書」を受け取ります。これは,同機構に対して請求することで受け取ることができます。

 

つぎに,夫婦で年金分割の按分割合について話し合いを行います(ただし,3号分割のみ請求する場合は,二人の合意は必要なく,第3号被保険者であった方からの手続によって年金分割が認められます)。

 

夫婦で話し合いが付いた場合は,それを明らかにする書面をもって年金分割の請求手続を行います。話し合いが付かなかった時は,審判手続や調停手続等により,按分割合を定める必要があります。

 

按分割合が決まり,年金事務所に対して年金分割の請求を行った後は,日本年金機構から改訂後の通知がなされます。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付