モラルハラスメント(モラハラ)について

モラハラとは

モラハラという言葉は,近年テレビや雑誌でも見られるようになってきました。モラハラ,つまりモラルハラスメントは,肉体的な暴力ではなく,言葉などの精神面から相手に苦痛を与える言動をとることです。元々は,フランスの精神科医が提唱した概念です。テレビ等でモラハラと言った場合,暴言を吐く,無視をする,舌打ちをするといった言動を指すことが多いように思います。

 

夫婦間でもこのようなモラルハラスメントに当たるような言動が,離婚の理由となってしまう例は少なくありません。当事務所にも,肉体的な暴力ではなく,配偶者のモラルハラスメントに我慢ができないという相談者はよくいらっしゃいます。

 

モラハラ夫,モラハラ妻の特徴

モラルハラスメントを行う配偶者は様々です。外ではきちんと仕事をしていて人当たりが良くても,家庭内では感情的になり,怒鳴ったりする場合も少なくありません。また,強い者には弱く,弱い者には強く当たったり,無理な要求を押しつけてくるといった場合もあります。

 

離婚事由との関係

配偶者のモラルハラスメントに我慢できず,離婚を決意される方は沢山おられます。では,このようなモラルハラスメントを理由に離婚をすることができるのでしょうか。

 

民法は,夫婦間に婚姻を継続しがたい重大な事由がある場合を離婚事由として規定しています。極度のモラルハラスメントは,婚姻を継続しがたい重大な事由に当たる場合もあるでしょう。しかし,程度によっては,婚姻を継続しがたい重大な事由には該当しないと判断される場合も少なくないと思います。そのような場合は,モラルハラスメント以外の事情を付け加えていって,総合的な事情から,当該夫婦において,婚姻を継続しがたい状態にあるということを主張していくことが必要かもしれません。

 

モラハラに遭ったら

配偶者のモラルハラスメントで悩んでいる場合には,家族や知人,カウンセラーや医師などの第三者に相談をすることが大切です。家庭内のことでもあり,なかなか人には相談できないかもしれません。しかし,継続的にモラルハラスメントを受けることで,人は,暴力による虐待と同様に,あるいはそれ以上に傷つく場合があります。

 

弁護士が,モラルハラスメントの御相談を受けて対応できる場面は,離婚や慰謝料等の法律問題が主となってしまいます。もし,配偶者からモラルハラスメントを受けている場合は,様々な分野の専門家に相談して,自身の問題に対処していくことが大切です。

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付

お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:058-214-3807 受付:平日9:00~20:00 武田法律事務所(岐阜県弁護士会所属) 提携駐車場あり 最寄り駅:名鉄岐阜駅 徒歩7分

メール受付